読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

divetakeda’s blog

自作ガレージの製作過程を遡りながら紹介します。 他にも番外編有り。

自作バイクガレージ 遡り日記 #24          続・牛歩戦術!「紫外線はお肌の大敵よ」編。

 帰国時に撮影した近況から、カーテンのことを補足します。

f:id:divetakeda:20160220103703j:plain f:id:divetakeda:20160220103651j:plain

 遮光タイプのカーテンで、閉めていれば日中でも光は入ってきません。

これは保管するバイクの塗装やプラ、ゴム部品を、紫外線による劣化から守るためです。

実際長年放置されたバイクを見ると、日当たりの良かった側だけ著しく塗装が褪せていたりして、紫外線の影響を実感することがあります。

UVはお肌の大敵という訳です。

 窓を作らないという選択もありましたが、実家がガラス屋ですし。

 

★材料について

カーテンレール:ホームセンターで売ってました。たしか¥1,000くらいです。

        長さを調節できるタイプで、取り付けは木ネジ2本で完了です。

カーテン本体 :ホームセンターでぴったりのサイズが見つけられず。

        ネットで探したところ、オーダーの専門店で買うことにしました。

HP上でサイズ、色、タイプ(遮光、普通、レースなど有り。)を入力して注文するだけで、1週間くらいで届きました。

値段も送料込みで¥4,000台だったと記憶してます。

ぴったりに決まったうえ、値段も手頃で大変満足しています。

 

★おまけ UV対策はバイクのためだけでは無いです。

f:id:divetakeda:20160220103717j:plain

 柱や梁が入り組んで小さなスペースができたので、ディスプレイしてみました。

ただ、透明プラ板を文房具から廃物利用したところ、案外傷も多く曇ってました。

ここは今後、ガラスに取替え予定です。

くどいようですが、実家はガラス屋です。