読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

divetakeda’s blog

自作ガレージの製作過程を遡りながら紹介します。 他にも番外編有り。

自作バイクガレージ 遡り日記               番外編Vol.11  人民的大河

 「北京だよ!全員集合。」は明日16日までらしいです。

終わったらネットが繋がり易くなる、かも。

 

 週末、散歩で黄河に行って来ました。

往路は歩いて3時間半、帰りは力尽きてバスに乗りました。

f:id:divetakeda:20160315012136j:plain

今回が初めてでは無いのですが、最初に見るまでは「向こう岸が見えない。」と言ったやたらスケールのデカイのを想像してました。

誰かが、「それはアマゾン川の間違いでは?」と言ってましたので、多分そうだと思います。

実際はこれくらいですが、大きいことには違いないです。

f:id:divetakeda:20160315011821j:plain

 

 近くに橋も有ります。

f:id:divetakeda:20160315011915j:plain

浮き橋ですが、これもれっきとした国道です。

 中国は浮き橋だらけなのかと誤解されそうですが、私の住んでいる街ではここだけらしいです。

日本で浮き橋を見たことは無いですが、仮に作っても大雨のたびに通行止めになりそうですね。

別件ですが、自衛隊が仮設の浮き橋を装備しており、テレビでは戦車も渡ってました。

災害時にも使えるそうです。

 

 その昔、食用にしようと日本の川に中国の巨大淡水魚を放流したそうです。

これが川を下りながら成長する習性だったのですが、すぐ海に流出してしまった。

なんて話を川を眺めながら思い出しました。

 例外的に利根川にだけ少数が定着したと言いますから、利根川、すごいです。

興味の有る方は「青魚」,「利根川」で検索してみて下さい。

ただ、かつて食用にしようとした割には、食べた人のインプレッションは見当たりません。

 

黄河の話でした・・

中国では長江(日本では揚子江とも)に次ぐ長さの川で、その長さは5,460kmだそうです。

利根川17本分。