読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

divetakeda’s blog

自作ガレージの製作過程を遡りながら紹介します。 他にも番外編有り。

自作バイクガレージ 遡り日記               番外編Vol.9  人民的バイクグラフィックTV

"BATTLE" BT125 が遂にその姿を現したのである。

f:id:divetakeda:20160226211436j:plain

天津邦徳富士達摩托車有限公司の手によるこのバイク。

フロントミッドに搭載される空冷単気筒125cc、SOHC2バルブのエンジンは勿論、

特徴有るタンクに往年の星形キャストホイールは紛れも無くあの、GS125のコピーなのである。

名前は何とも好戦的なのだが、「デザインでは戦わない。」というメーカーの哲学を明確に体現するバイクと言って良いのだろう。

f:id:divetakeda:20160226211521j:plain

 とは言え、タンデムステップはフットボードとも呼ぶべき物であるし、シートにはご覧の通りの表皮が奢られているのだから驚きである。

オリジナルとは一線を画すこれらの装備は、数有るコピーの中でも異彩を放つ物となっている。

廉価ながらその実、ラグジュアリー志向なのである。

 このBATTLE BT125、日本での発売は夏頃、価格は15万円前後と言われている。(ウソ)

 

 さて次回は、様々なバイクが氾濫する中国において、筆者が今最も気になるバイクをチョイスしてお送ります。

※モノは言い様ですな。今回もご覧頂き、ありがとうございました。